コンテンツ

蛇口の水のトラブルが起きたら

水を使用するには蛇口を捻って水を出す必要があります。蛇口が締まっているにも関わらず、水がぽたぽた出てしまうときなどは何らかの異常が出ているサインでもあり、水のトラブルを解消するためには修理などをしなければ状態が元に戻ることはありません。自分で直せる場合もありますが業者への依頼が必要な場合もあります。

■蛇口のタイプ

一般的に蛇口は2つのタイプに分かれています。1つがハンドルタイプで、もう1つがレバータイプと呼ばれるものです。ハンドルタイプは、ハンドルを回すことによって水を出すことができるもので、レバータイプがレバーの下にあるバルブという部分で水量や水の温度を調整して出すタイプのものです。レバータイプのものは、新しく建てられた家に備え付けられていることが多いです。特殊な蛇口の場合は業者に対応してもらわなければ修理が難しい場合が多いです。

■異なる原因

蛇口には2つのタイプがありますが、水のトラブルを起こしてしまう原因はこの蛇口のタイプによっても違いがあります。ハンドルタイプのものの場合は、スピンドルという部品が劣化したり破損している可能性がありますし、それが原因ではない場合はスピンドルという部品の下のケレップという部品の劣化や破損が疑われます。レバータイプの場合は、バルブに問題が多いケースがほとんどでバルブカートリッジを交換することによって水のトラブルが収まることが多いです。

■まとめ
蛇口のトラブルは、蛇口の種類によってどのような対処法をとれば良いのかが分かれば異常があった時にも困りません。自分の家の蛇口はどのように対応したら良いのかを知っておけばすぐに問題は解決するでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ